そ〜ス。

いつものバス停にて――


「おぉ! DXコン・バトラ〜Vほっし〜!」

イブキが特大サイズの超合金ロボ玩具を見ながら瞳を輝かせる。


「むかしのジシャクでひっつくやつもよかった? よかったかな〜……? ジリョクがよわくてホジョベルトがつくようになったのはガンなえしたけど……コンカイはダイジョブだよね? チョ〜ゴ〜キンだましいだしっ!」

ロボット玩具の最高ブランド名を出しながら、


「5マン5500エンかぁ〜……って、スイッチよりたかいっ⁉︎ プレ4プロよりもたかいじゃんっ⁉︎」

イブキが価格に衝撃を受けている隣では、


「ビッグマックのソ〜スが限定販売されていたっ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に飛びついた!


「販売開始が一二時で五分後に終了していた。う〜ん……事前に知ってたら落札しにいったんだケドなぁ〜……残念」

そういって落ち込んでいる月夜に、


「それならヤフオクにテンバイされてるよ」

イブキがスマホ画面を操作して、ぺ〜ジを見せる。


「ホントだっ⁉︎」


「ジュ〜バイのカカクにハネあがってるけどね〜」

そういって下へとスクロ〜ルさせると0一個増えた価格が表示されるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます