てんしょク。

いつものバス停にて――


「ナツにリアルグレ〜ドのズイウンがおひろめかぁ〜……いまいちズレたハッソ〜だけどキライじゃないな〜」

イブキがスマホ画面にあるイベント告知を見ながら、そんな事を洩らした。


「そ〜いえば、ナガサキのゴト〜レット〜でカイテ〜につきささったセンスイカンみつかったんだっけ? ロ50かイ58のどっちからし〜けど、どっちなんだろ?」

海底に垂直に突き刺さった潜水艦の画像を見ながら、


「ん? チョ〜サしきんのボシュ〜?」

下の関連項目に気づくイブキ。


「ふむふみゅ……センスイカンのチョ〜サしきんのボシュ〜――1000エンでオレ〜のメッセ〜ジ、5000エンでロ50かイ58(チョ〜サでハンメ〜したほ〜)のTシャツ、10000エンでカイテ〜につきささったセンスイカンのシャシンかぁ〜……10000エンいっとくかな〜」

イブキがそんな投資をしようとしている隣では、


「一日中、ネコを撫でる仕事っ⁉︎ いいのかしら、そんなんでお金もらって……払う方ならわかるケド……」

月夜が求人アプリの中にあった、そんな仕事に食いついた!


「動物病院のお仕事かぁ〜……ふふ、ウチの天職ね」

月夜はソファ〜に腰掛けて膝の上にのっかた猫を撫でる自分の姿をイメ〜ジする。


「いやいや。月夜にはムリでしょ」

そういって近くにいたネコを拾い上げる。

ネコは人に慣れているのか、イブキの扱いが上手いのか暴れもしなかった。


「んわっ!」

それが月夜のちかくいくと狂った様に暴れ始める!


「ど〜ど〜。あばれないあばれない」

イブキが必死に落ち着かせようするが、一向に治る気配がない。


「ほら、こんなかんじだし、ムリでしょ」


「た、たまたま気が立ってるだけよ」

そういって手を伸ばすと、暴れていた猫が大人しくなる。


「ほらほら〜大人しいじゃない」


「う〜ん……」

イブキは月夜の腕にネコ鼻頭をつけると大人しく、離すと暴れる反応を見て、


「これってド〜ブツぎゃくたいかな〜」

と、洩らすのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます