こいつ……うごくかモ?

いつものバス停にて――


「ファミチキをいれたファミチキ丼かぁ〜……」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな新商品に注目していた。


「ファミチキをタルタルソ〜スと南蛮ダレにつけたものかぁ〜……」

読み込まれた画像を見ながら、


「濃厚でボリュ〜ム満点かぁ〜……付け合わせのカレ〜風味キャベツも良い味……じゅるり」

試食レビュ〜を読みながら、じゅるりをしている隣では、


「いしかわけんのコマツにビックリするモノがある?」

イブキがそんな内容の記事を見て首を傾げていた。


「なにこれっ⁉︎」

読み込まれた画像は顔だけ地面から出ている大仏様だった。


「ハニベがんくついんにあるカタまでうまってるブツゾ〜かぁ〜……むかしこんなロボットアニメあったケド、うごかないのかな?」

イブキがそんな罰当たりな事を言っていると、


「これ肩から下ってなんにもないんじゃない?」

と、月夜が言ってくる。


「いやいや。きっとカラダはメカメカしたかんじだよ。ニホンがあぶなくなったらでてくらんだよ!」


「大神仏ブツゾ〜Zとか言って?」


「いいね! ひたいのホクロビ〜ムでアクをギャクサツ‼︎」


「ん〜……ないね」

自分で煽っておいてそう結論づける月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます