かいけつたまゴ。

 いつものバス停にて――


「せかいでモ~イをふるってるランサムウェアのOSべつにみるとウィンド~ズ7がイチバンおおいのかぁ~……たしかにイチバンつかいやすいアイヨ~してるヒトおおそ~だモン」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読みながら、


「おぉ! XPでもカンセンはかくにんされていないっ! これは……これは……」

 イブキは驚愕の表情で溜め――


「XPのジダイがふたたびっ!」

 握り拳でそんな事を言っているイブキの隣では、


「カレ~ライスは右にライスでル~は左がベスポジ?」

 月夜がグルメ系ニュ~スの中にあった、カレ~の食べ方、配置の議論を読みながら、


「右にもったスプ~ンでライスをちょっと

づつ混ぜて掬えば皿が汚れないかぁ~……なるほど。確かに言う通りだわっ!」

 月夜は読みながら脳内でイメ~ジする。


「カレ~たべんのにそんなメンド~なコトすんの? ライスがミギとかヒダリとかまぜちゃえばカンケ~ないじゃん」

 イブキがそう口を挟んでくる。


「作ってくれた人に感謝の意味を籠めるうえで皿をなるべく汚さないってのは良い事だと思うケド……」


「ふふん♪ カレ~のうえにハンジュクタマゴをおとしてマゼマゼしたものはサイコ~だよっ!」


「なるほっ! それは最強だわっ!!」

 タマゴが全てを解決した瞬間だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます