ますとどン。

いつものバス停にて――


「チロルのアウトレットっ!」

イブキがスマホを見ながら、そんな声を上げる。


「ハンガクや8わりびきのワケありショ〜ヒンっ! そんな……タダでさえやっすいチロルがさらにやっすいなんて……!」


「イベントのおともポテチがフサクでないキュ〜セ〜シュになるかな〜?」

イブキが大量のチョコに埋もれる自分をイメ〜ジしていると、


「マストドンかぁ〜……」

スマホ画面を見ながら、そんな事を洩らす月夜の声が聞こえた。


「あ~……いますっごいハヤってるよね~」

 聞きとめたイブキがそんな事を言うと、


「そうなの?」


「しらないのっ!?」


「うん。なんか話題になってから……」


「まあ、ワダイにもなるよね~いますっごいモンっ!」


「絶滅してるのに?」


「ゼツメツ?」

 疑問符を浮かべるイブキ。


「マストドンって像の仲間なんでしょ? 考古学チ~ムが牙と骨を見つけたって話題になってるよ」

 そういって海外のお堅い記事がうつったスマホ画面を見せる。


「流行ってるの?」


「たぶん、それはハヤってないかな~」

 早とちりをそう言って誤魔化すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます