ねこまんマ。

 いつものバス停にて――


「おぉ!」

 ゲ~ム情報を読んでいたイブキが何かを発見し、そんな声を上げる。


「PSVRむけシュ~ティングコントロ~ラ~っ!? これはボツニュ~かんがまたあがるなぁ~……これでバイオ7とかかなりいいよっ! モ~ルデットなんかイブキさんのコ~カクリツヘッドショットでザコカクテ~ですわ。ガンシュ~でイブキさんにかてるヒトなんて――サエバリ〇ウかフ〇ルコンかジャック・バ〇ワ~、エリック・カ〇タ~ぐらしかいないモンっ!!」

 イブキがそんな事を言っている隣では、


「東日本と西日本じゃネコマンマの意味がまったく違う?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に首を傾げていた。


「そなの?」

 月夜の呟きを聞きとめたイブキも首を傾げてそんな事を言う。


「そ~みたいよ。東日本はゴハンに鰹節ドバっ! なんだって西日本はゴハンに味噌汁ドバッ! なんだってさ~」

 月夜がスマホ画面をみながら、


「へェ~……そ~なんだ~」

 感心しながら、ふとなにかに気付いた表情になり、


「じゃあさ、まんなかぐらいだっらど~なんのかな?」


「さぁ~? ゴハンに鰹節かけて味噌汁もドバっ! になんのかな?」

 冗談っぽくそういった後、


「なんかそれが一番おいしそ~じゃない?」

 鰹節味噌汁ゴハンを想像してそう言う月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます