めっせ~ジ。

 いつものバス停にて――


「デンシャにのってたらナゾのメッセ~ジがっ!? なんだろ~? ふっかつのじゅもんとかかな? イレブンでつかうみらいだし」

 イブキがTwitterで話題のそんな記事を見ながら、


「なになに? なんかおもしろそ~事あった?」

 隣で「大手牛丼チェ~ンがラ~メンに参入?」っという記事を読んでいた月夜が反応する。


「んとね……」

 イブキはスマホ画面に読み込まれた画像を見せる。


「デンシャのデンコ~ケ~ジバンにこんなメッセ~ジがでたんだってさ」


「ふむふむ……なにコレっ!?  『次は、オマエダ』――怖っ! こんなん表示されたら全力で逃げるわっ!!」

 イブキのスマホ画面に映しだされた、電車内の電光掲示板画像を見ながら、


「でしょ、でしょ」


「それにしても……」


「ん?」


「なんだろうね? このメッセ~ジ……なんだか陰謀の臭いがするわ」


「いや~そんなコトないでしょ~」


「きっと、この車内にあてた誰かなんだろ~ケド……」

 月夜が名探偵のような表情でそんな事を呟く。


「いやいや。きっとツギにとまるエキが『オマエダ』だったんだよ」

 イブキの指摘も妄想推理を展開する月夜の耳には届かなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます