ぶ~け。

 いつものバス停にて――


「スイッチでウルトラストリ~トファイタ~つ~のハンバイビが5ガツ26ニチにケッテ~!」

 イブキがゲ~ム情報に載っていたそんな記事に嬉々とした表情をする。


「ト~ジョ~ジンブツのタイハンがゴリラのゴリティ・ゴリもイイけど、シンプルなカクゲ~もいいよね~」

 上機嫌でそんな事を言っているイブキの耳に――


「はぁ……結婚かぁ~……」

 アンニョイな雰囲気でそんな事を呟く月夜の声が聞こえた。


「な、なにいってんのっ!?」

 ギョっと月夜のほうを向くイブキ。


「ケッコンすんのっ!?」


「ん~……したいかな~って……」


「なになになになになに? すきなヒトでもできたの??」

 キラーンと瞳を輝かせると、そう質問攻めするイブキ。


「イブキさんもしってるヒト? だ? だれなのさ~?」

 月夜の長い髪をグイグイ引っ張りながら絡み続けるイブキ。


「う~……別に好きな人なんかいないわよっ! 結婚式にでたいだけっ!! もっというとドレス着てこのブ~ケほしいだけよっ!!」

 そういってなぜかグルメ系アプリを見せる。


「なにこれ?」

 そこには焼き肉屋が肉でつくったブ~ケの画像があった。


「も、もしかしてコレがほし~だけ?」


「うん! あ~……お肉を花にするなんて……」

 夢見る少女のような瞳で――ヨダレでてるけど……そう洩らす月夜。


「オヨメさんがニクくってるって……ちょっとしたホラ~だよ」

 引きぎみでそう洩らすイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます