はかどるモ~ソ~

 いつものバス停にて――


「う~みゅ……クラッカ~がラジオをジャックして『ゾンビはっせ~!』とウソジョ~ホ~をながすジケンがハッセ~かぁ~……」

 イブキが海外で起こったそんな事件のニュ~ス記事を読みながら、


「なんだろ? じつはウソジョ~ホ~だとハッピョ~されたこれが、セ~ギのス~パ~ハカ~がながしたジジツでウソっていったクニがインペ~しようとしてるとか……ゾンビゲ~じゃよくあるシチュだよね~……で、シュジンコ~がいまノ~ナイで「だれもがウソだとおもっていた、あのヒがくるまでは……」とかナレ~ションしてるコロかな?」

 イブキがそんなアホな事を言っていると、


「そんなアホな事信じる人いないでしょ?」

 月夜が呆れ顔でそう言ってくる。


「え~! ゲ~ムにムチュ~になりすぎてトモダチとかのズジョ~にアイコンがみえるトキとかないの?」


「ないない」

 パタパタと手を左右に振って否定する。


「ド~ブツがポケ〇ンにみえたりとか? みちのカドまがるときとか、だれもいないキョ~シツにはいるときとかクリアニングしない?」


「しないわよ」


「ふ~みゅ……月夜ってなんのゲ~ムすんの?」


「男子と男子が仲良くするゲ~ム――そ~いえば、それやった後にバスとかでくっついてる男子みると……」


「月夜もはかどってんじゃんっ!?」

 そう言い放つイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます