ないて〜

いつものバス停にて――


「グッチの団扇がダサすぎて話題に?」

月夜がオシャレ系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に首を傾げる。


「ファッションブランド団扇って……」

そんな事を言いながら記事を開くと、


「うわ……」

若干、引きぎみの声を洩らす。

木でできた柄には『GUCCI』のロゴが焼印され和紙だろうか? 法被のような色使いの団扇本体にはなぜかカタカナで『グッチ』と書き込まれた小学生の夏休みの工作のような団扇。


「確かに……これはダサい」

と、率直な意見を洩らす月夜の隣では、


「おぉ! イブキさんシュ〜ショクきまった!」


「ん? 内定もらえたの?」


「ううん。ほらこれ」

そう言いながら見せてきたスマホ画面には、


「ゲ〜ムの上手い人に内定だします? なにこれ??」

聞き返しているもののその表情は既に飽きれている。


「こんなのイブキさんのためにあるモンじゃない!」

すでの決まったかのようにそんな事を言う。


「そうかな? そ〜いえばアンタ他の進路は?」


「ゲ〜ムじゅきょ〜しゃかおヨメさん」


「おまえは小学生並みかっ⁉︎」

イブキの進路にそういってツッコむ月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます