むげん。

いつものバス停にて――


「ボンバ〜マンのシンサク――ボンバ〜ガ〜ルがア〜ケ〜ドでト〜ジョ〜かぁ〜」

イブキがゲ〜ム情報の中にあった、そんな記事に興味を惹かれる。


「ボンバ〜マンはオンゲたいせいのときももりあがったし、システムてきにはもうイジよ〜がないほどカンセイ〜されてんだよね〜。それにモエよ〜そをついかしてきたのかっ⁉︎」


「イブキさんのカレシができたらやってみたいコトのなかにも『あさまでボンバ〜マン』ってのがあったなぁ〜」

イブキが自分の嗜好を暴露している隣では、


「無限プリンっ⁉︎」

グルメ系アプリを見ていた月夜がそんな声を上げる!


「なんだろっ⁉︎ 食べて食べても減らないプリンなのかな? いや、きっとそうよっ‼︎ ウチはそ〜信じてるっ‼︎」

なにやら一人でそう盛り上がっている月夜に、


「そんなユメのよ〜なプリンがあるわけないじゃん。きっといつまででもたべられるプリンとか、そんなイミじゃないの?」

イブキは呆れ顔でそう言うと、


「いやっ! ウチは信じる。絶対、これは半分残しとくと翌日には元に戻ってるとかそんなんだよ! ネギだって水につけとけば伸びるからっ! きっと同じ原理よ」


「ぜったいちがうとおも〜けど……それよりもさ〜」


「なによ?」


「月夜がたべかけでやめるコトってできるの?」


「…………でき…………ない…………」


「だよね〜」

そういって会話を終えるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます