ニンジャ。

 いつものバス停にて――


「ス~ファミのツゥ~デェ~カクト~ゲ~ムがサンガツにハンバイかぁ~……」

 イブキがゲ~ム情報を見ながら、そんな事を洩らす。


「う~みゅ……おもわずニジュ~ネンまえのキジかとおもっちゃったよイブキさん。そしたら、まさかの2017サンガツなんだもん、ライシュ~にはカクヴァルでんのに……ケ~タイきですらスリ~ディ~なのにツゥデェ~カクゲ~なんだモンなぁ~……『ザ ダ~クネス・ハンタ~ アンホ~リ~ナイト』かぁ~……セ~サクにキンタ~ズのカイハツチ~ムがはいってるのはきになるけど……」

 イブキがそんな風に洩らす隣では、


「アメリカの運輸局が没収した武器が異常? 武器なんて全部異常だと思うケド……ど~ゆ~意味なんだろ??」

 月夜が記事の真意がわからず首を傾げる。


「ふ~ん……アメリカの空港じゃ、毎日九丁の拳銃が没収されてんだブッソ~ね」

 月夜は記事を読みながら、そんな事を呟く。


「そんな中でひときわ多く没収されてるのが『手裏剣』?」

 唐突に出てきた品に戸惑う月夜。


「シュリケンってあのニンジャがなげてるやつ?」

 月夜の呟きを耳にしたイブキが問いかけてくる。


「そ~みたい……」


「それがアメリカのく~こ~でいっぱいボッシュ~されてんだ?」


「そ~みたい……」


「――っと、ゆ~コトは……」

 イブキはしばらく熟考した後に、


「ニンジャはヨソ~がいにいっぱいいるってコトかっ!?」


「違うでしょっ! アメリカ人が忍者好きってだけでしょ~がっ!!」

 イブキの的外れな言葉にそう返す月夜だった。



 むかしハワイを舞台に暗躍する忍者『常夏の忍者』という話しを書いた事があります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます