そ〜ごりかい。

いつものバス停にて――


「はぁ……アルバイト探さないとな〜」

そんな声を洩しつつも、スマホ画面に映っているのはグルメ系アプリ。


「豊橋カレ〜うどん?」

アプリの中にあった、少し物珍しいご当地メニュ〜に目がいく。


「なんだろ? 画像はフツ〜のカレ〜うどんにしか見えないケド……」

そんな事を言いながら、先を読むために画面を下へとスクロ〜ルさせる。


「ん⁉︎ これカレ〜うどんの下がトロロご飯になってんだっ⁉︎ つまりトロロご飯のカレ〜ぶっかけついでにウドンもいれちゃえ! って状態なんだっ‼︎」


「ゴハンものにウドンをインってダイジョブなのそれ?」

月夜の声にイブキが疑問の声を挟む。


「だってウドンの下に米だよっ!」


「うん……ウドンのしたのおコメあるんだよね?」

二人はお互い顔を見合わせたまま首を傾げる。


「なんか特した感じになんない?」


「べつべつのがいいよ〜な……」


「だって混ぜて全部カレ〜にからめて――」


「ぜんぶカレ〜にからめちゃうとアジのこいカレ〜がぜんぶシンショクしちゃわない?」

両者の溝は深そうだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます