せんと~

 いつものバス停にて――


「ゲ~センにあるポップコ~ンせいぞ~きのアジがヒドいとツイッタ~でわだい?」

 イブキがゲ~ム情報の中にあった、そんな記事に興味を惹かれる。


「なんだろ~? アジがヒドい?? マズイのかな??? でも、マズイならマズイってかいてあるしなぁ~????」

 読み進めるたびに増えていく頭上の疑問符。


「うわっ!? なにコレ???」

 画面を下へとスクロ~ルさせていくと画像が読み込まれ、それをよく見てからそんな声を上げる。


「しおアジばっかしっ!」

 画像はポップコ~ンの味を選択するボタンを写したモノ、『キャラメル』『しお』『シオ』『塩』『SHIO』となっていた。


「ど~してこ~なちゃったんだろ~? むしろいきのこった『キャラメル』をほめるべきなのかな?」

 そんな事を言っているイブキの隣では、


「銭湯で『女の湯』に男の子がいても許せる年齢かぁ~……」

 なにか過去にそんな状況に遭遇した事があるのか、月夜がそんなアンケ~ト記事を読んでいた。


「ふ~ん……小学生は2割弱の人がアリなんだ~……ウ、ウチは恥ずかしいからナシかな~」

 月夜がそんな事を洩らすと、


「それは月夜のオッパイがすっごく『デンっ!』ってしてたから「スゲェ!」ってみてただけじゃないの? イブキさんはぜんぜんみられないし」


「……それは、アンタの身体がまったく特徴も凹凸もないからでしょ」

 月夜の言葉にバス停によりかかって落ち込むイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます