そ〜と〜

いつものバス停にて――


「サクセンかいしニチジのコクチきたな……」

イブキが真っ白な制帽のヒサシの下から急に厳しい眼差しで、そんな事を洩らす。


「こんかいもイベまえにはインデペンデンスディのダイト〜リョ〜のエンゼツど〜がをきいてからシュツゲキかな? あれケッコ〜こ〜よ〜すんだよね! 『 ギレンのヤボ〜ガルマ』こ〜かってイブキさんはなづけてる」

被っていた帽子をカバンの中に入れ。


「まあ、センイとかカンケ〜ないけどね」

いつの通りの気の抜けた声で、そんな事を言うイブキの隣では、


「最近、双頭のサメが増加中……そんな映画あったよ〜な……」

月夜が双頭のジョ〜ズが描かれたパッケ〜ジを思い起こしながら、


「こんなの海で見たら……」

月夜は海で双頭のサメに追われるシ〜ンを想像する。


「ダイジョブ! こ〜ゆ〜のはタイテ〜あたまとあたまのアイダがアンチだからっ‼︎」

そんな声とともに月夜のイメ〜ジ内でにイブキが乱入すると、双頭の間に向かって魚雷のように突撃していく!


「……今、すっごいの想像しちゃった」

イブキが頭と頭の間に入り込み、棍棒でサメを滅多打ちにしてる光景を思い起こしながら、そう洩らす月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます