すれんだ~

 いつものバス停にて――


「11月29日――イイニクの日に『松坂牛バ~ガ~』かぁ~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事をキラキラした瞳で開く。


「100パ~セント松坂牛を使用したパテっ! スッゴいな~……でもステ~キで食べたかったかも、醤油ベ~スのオニオンソ~スにワサギスティックを別添えで提供? ふ~ん……いいじゃない!」

 画面を下へとスクロ~ルしながら、


「えぇ! 1個2000円っ!? ジュ~ス付いてるケド、ちょっと高いなぁ~」

 値段を見ながら、そんな事を言う月夜の隣では、


「ひんにゅ~ずきのヒトのシュチョ~? ふ~みゅ……イブキさんにはあまりカンケ~ないはなしだけど、イチオ~よんでおくかな……」

 イブキが誰にともなくそんな言い訳をしながら、件の記事を開く。


「ひんにゅ~コンプレックスをもってるシグサガイイね……う~みゅ……そ~なのか~。あとは~……」

 なかなか思ったような意見に巡り合えなかったのか? さらに画面を下へとスクロ~ルさせ貧乳好き男子の主張を読んでいく。


「おっ! スレンダ~みえるっ! そ~かも!! モデルたいけ~だモンねイブキさん!!!」


「モデルはモデルでもドラム缶の理想的な形だケドね~」

 そういって締めくくる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます