ふらいんぐ。

 いつものバス停にて――


「ぬ~ん……」

 イブキが世界征服を目論む超能力者兼将軍のストリ~トファイタ~の様な呻き声を洩らす。


「ガリガリくん……メロンあじじゃなくて、メロンパンあじ? ど~ゆ~コトだろ?」

 新しいアイスの情報を見ながら、首を傾げるイブキ。


「ど~ゆ~アジがすんだろ? メロンあじなのか? それともホント~にメロンパンにちかづけたアジなのかな?」

 頭上に『?』を大量に浮かべるイブキの隣では、


「ウナギの刺身かぁ~……」

 グルメ系アプリを見ながら、そんな事を呟く月夜。


「ダメだよっ!」

 月夜の呟きにイブキが反応する!


「ウナギのチってドクがあんだよっ! いくら月夜がアフリカぞ~なみのタイリョクとナマズなみのアクジキにゴキブリのセ~メ~リョクとゴリラのみためしてても、しんじゃうよっ!!」

 必死にとめるイブキに、


「なんか、上手くさばけば平気みたいよ。ただ手間がかかる割に蒲焼のがおいし~って理由で滅多にやらないんだってさ~」


「へ、へェ~……そうなんだ」

 ホッと胸を撫で下ろすイブキ。


「それより、散々言ってたわね」

 月夜はバス停を片手で持ち上げる。


 その日、女子高生らしき女の子が空を飛んでいたと目撃報告が相次いだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます