きせつかん。

いつものバス停にて――


「ジカイのアプデは11ガツ4カかぁ〜……パナイけ〜じゅんってなんだろ? オニオコさんだよね?? イッシュ〜カンまえなのにコ〜シキでなまえでないなぁ〜……」

イブキがいつも通りゲ〜ム情報を見ながら、そんな事を洩らす。


「んぅ⁉︎ モンハンさいしんハッピョ! しかもXのデ〜タひきつぎアリっ‼︎ いいね〜、シビれるね〜」

最新ゲ〜ムのPVをまえなのに見ながら、そんな事を言っているイブキの隣では、


「スキヤキかぁ〜……少し寒くなってきたしおいしく食べられる季節になってくたよね〜」

秋空を見上げながら、そんな事を呟く月夜。


「あれ? ナツのあついときにスキヤキさいこ〜とかいってなかった?」


「夏は夏で秋は秋で違うのよ」

そんな事を言う月夜に、


「イブキさんのミリョクがナツはセクシ〜でフユはカワイイのとイッショかな?」


「ううん。アンタの年中色気0の身体とは全然違う!」

キッパリとそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます