40件目のブックマ~ク登録更新記念 ぞ~かんGo

「おぉ! 40だよっ! 40ケンもあるよっ!! そっか~イブキさんのファンも40ニンとっぱかぁ~!」


「アンタ毎回おんなじ事言ってるなぁ!」


「え~……ニンズ~ふえてるよ……」


「そ~だケドさぁ~。も~ちょっと違った形で喜びを表現できないの?」


「う~ん……はっ!」


「ど~せ大した事ないだろうケド、一応聞いとく」


「40ニンっても~ギャクハ~レムじょ~たいだよねっ! みんなでソフマ〇プやヨド〇シのテンナイあるきたいっ!」


「なんでそこっ! 行くなら乙女ロ~ド心の耐久テストでしょ!!」


「もしヘンなトビラあけちゃったヒトがでたらど~すんの?」


「そこはソレ! そ~いう人生もおもしろかろうっ!!」


「いや……セキニンとってあげないと……」


「まぁ~アレよね~。もしファンの集いとかったら――」


「テツヤでボンバ~マンたいかい!」


「徹夜でラ~メン次郎巡り、深夜の部には各々、ジロリアンが腕を振るい。明け方には――」


「あけがたにはシシルイルイだとおも~うけど……」


「そんな集いがしたいわね~」


「40ニンじゃなくって40マンニンでもカンソ~できるヒト、ゼロなきがする……」


「次回も盛り上がっていいじゃない!」


「デスイベントとかっていわれてほされるのがオチだよっ!」


「むつかしい……ウチなんてとりあえず次郎でてこれば、大抵のイベントは満足なのに……肝試しとかはダメだケド……」


「いつかできるとい~ね~」

 そう洩らす、イブキに「そうね」と同意する月夜だった。


これは『小説家になろう』でブックマ~ク40件目を記録した時に執筆された話しです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます