べあ〜

いつものバス停にて――


「う〜ん……ポケモンゴ〜プラスのつぎのシュッカは11ガツかぁ〜……ブ〜ムさったみたいなコトもき〜たけど、やっぱし、それなりにはやってるよね〜」

イブキがゲ〜ム情報を見ながら、そんな事を呟く。


「テ〜カ3780エンがテンバイで1マンエンまでコ〜ト〜……ポケモンセンタ〜でカ〜トにはいれれるけど、ケッサイでアクセしゅ〜ちゅ〜になりすすまない……やっぱし、まだニンキだよね」

イブキがそんな風に一人で納得する。


「熊に遭遇した時の対処方法ね〜」

月夜がグルメ系ニュ〜スの中にあった、山へ旬の物を取りに行く時の注意点という記事を読みながら、


「クマってしんだフリやゼンリョクでにげんのダメなんだっけ?」

と、イブキが口を挟んでくる。


「そそ。攻撃的じゃなかったら地面に伏せて腕で頭や首を防御しながら熊が立ち去るのを待つんだってさ」


「そっか〜……コ〜ゲキてきじゃないなら、ナデナデしにいくってのはちがうのか〜」

少し残念そうに洩らすイブキ。


「攻撃的な熊は400メ〜トル以上距離をとって――」


「キュ〜にでてきたらど〜すんの?」


「そういう時は護身用催涙スプレ〜を噴射するとか……」


「ふ〜ん……でもさ」


「ん?」


「月夜ならクマさんとスモ〜するだけでたおせそ〜だよねっ!」


「ウチ金太郎かっ‼︎」

そう言い返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます