み~と。

 いつものバス停にて――


「カップヌ~ドルの新味かぁ~……」

 月夜が愛用のグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「謎肉の10倍入れた~……肉っ! ジュ~バイっ!!!」

 月夜が肉と10倍という一部のワ~ドにのみ反応してテンションを上げる。


「月夜月夜っ!?」

 慌てて隣で新型スマホの流出情報を見ていたイブキが声をかける。


「なによ?」

 夢中になってる時に声をかけられ、少し不満そうに答える月夜。 


「よ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~くかんがえてよっ! ナゾなんだよっ!! ナゾのおニクなんだよっ!!!」

 必死に思いとどまる様に身振り手振りを交えつつ説得を試みる。


「でも……お肉だし……しかも十倍だし……」

 月夜が物欲しげな表情で口の端に人出し指をあてながら洩らす。


「なんのおニクかわっかんないんだよっ!」

 畳みかける様に言うイブキ。


「だ、大丈夫よ。ちょっと齧ってみてダメそ~ならやめればいいんだし、カップメンに変な物いれないでしょ!」

 楽観的にそう言い切る月夜に、


「う~ん……もしショクリ~キキがきても月夜だけ、いきのこるキがする……」

 野人姿に石槍をもった月夜の姿を想像しながら、そう呟くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます