ぴざば〜が〜

いつものバス停にて――


「イベントないよ〜のコクチきた〜‼︎」

やや日焼けし、健康的な小麦色の肌になったイブキがゲ〜ム情報を見ながら、そんな事を叫ぶ!


「ふむふみゅ――スイライによるタイセンショ〜カイならびにユソ〜にんむ――ユソ〜かぁ……あれってソ〜ビやヘンセ〜にかなりのシバリあるしなぁ〜……ラストダンスでボスゲキハしなくていいのはラクだけど……さいごにはレンゴ〜かんたいによるケッセンもあり。こっちはリアルイベントでハッピョ〜されたあたらしいテキのワダイがきになるなぁ〜……」

難しい表情でそんな事を呟くイブキの隣では、


「インドのピザ屋が見た目はハンバ〜ガ〜で味はピザの食べ物を開発っ!」

 月夜がピザ生地でできたバンズにトロトロチ~ズやアンチョビなど様々なピザの具を挟んだハンバ~ガ~のような画像を見ながら、


「そんなんおいし~の?」

 横からそれを見ていたイブキが疑わし気な視線でそう言ってくる。


「あら? おいし~物とおいし~物を掛け合わせたのよっ! きっと、もっとおいし~に決まってんじゃないっ!!」

 月夜がこれが真理と言わんばかりにアホを理論を力説する。


「え~……カロリ~カロリ~とあわせただけのよ~なきがする……」


「ほら! アンタの好きなゲ~ムに例えると『テイルズオブ・ドラゴン・ファンタジ~・オ~シャン・シルバ~スタ~スト~リ~』的な」


「それゼッタイおもしろくないやつだよっ!」

 そういって否定するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます