はだかレストラン。

 いつものバス停にて――


「センコ~ウンヨ~にヨ~センしたコ~ウンなテ~トクからアンドロイドのカンコレジョ~ホ~がぞくぞくホ~コクチュ~かぁ……」

 イブキが最新のゲ~ム情報をスマホで読みながら、


「じゃっかんのモッサリかんをかんじる、カンシュとカンメイがヒョ~ジがわかりずらく『ジュ~ライソ~ジュ~ヨ~カン』の3セキはゼンブおなじヒョ~ジになってる、などなど――ふ~む……でも、オ~ムネコ~ヒョ~カになってるなぁ……」

 イブキがスマホ提督の感想を読んでいる隣では、


「日本で初のハダカレストラン? なんだろ? コレ」

 グルメ系ニュ~スの中にあった、そんな記事に興味を持つ月夜。


「ふむふむ~18歳から55歳までが対象で裸で食事をする企画? ふ~ん……でも、なんでハダカなんだろ? なんか意味あるのかな?」

 思案顔のまま一指し指を口元に当てながら小首を傾げる月夜。


「いってみたいの?」


「まさかっ!? いくらおいし~物でるからって言っても、ハダカはさすがに……」

 顔を赤らめてボソボソという月夜。


「それにほら――」

 月夜は自分のスマホ画面を見せながら、


「参加資格に見にくくない見事なボディってあるから、ウチそんな自信ないし……」


「ふ~ん……じゃ、イブキさんみたいにカンペキなぷろぽ~しょんしたヒトがはいれんのか~」


「アンタのこのまっ平な胸はダメだと思うよ」

 バッサリとそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます