じょしつき。

 いつものバス停にて――


「アマゾンでジョシツキが100パ〜セントオフでなげうり――ならぬ、なげくばり?」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に興味を持つ。


「すっごいなっ! これポチったらタダでモノがくるんだ〜。シホンシュギってどんだけラクしてもうけるかをツイキュ〜していくシャカイセ〜ドだってきいたコトあるけど……」


「それミスみたいよ。ほら、今はもう直ってる」

月夜はそういいながら件の商品ページを見せると、


「ホントだっ⁉︎ う〜……ザンネンポチッとけばいっこぐらいきたかもしれないのに〜……」

そんな有り得ない事を言うイブキ。


「月夜もそ〜おもうでしょ?」


「ウチは食べられない物はど〜でもいいかな」

キッパリとそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます