らいす。

 いつものバス停にて――


「サ~クルKサンクスが巣鴨の人気ラ~メン店とコラボした商品っ!」

 月夜がグルメ系ニュ~スの中にあった、その記事を見た瞬間、テンションが羽がる!


「醤油ベ~スに丸鶏ブイヨンと魚介のエキスとトリュフエキスを混ぜたス~プに細麺の冷やし中華――うぅ~……トリュフの香りとか言われても全くわっかんないケド、おいしそ~」


「ト~シツセ~ゲンのダイエットがリュ~コ~しておみせのライスをのこすヒトがタイリョ~ハッセ~?」

 イブキがオシャレ系ニュ~スの中にあった、そんな記事に首を傾げる。


「のこすならさいしょからたのまきゃいいのに~? あ~……でも、メニュ~みてて「もうちょっとたべたいなぁ~」っておもったら、ライスもたのんじゃうかな? ムリョ~のトコもあるし」

 イブキが人差し指を口元に当てながら呟く。


「あら? 出された物は全部食べなきゃ、無料でも」


「そ~なんだけどさぁ~……たべてるときに「あっ! ちょっとたべきれないかも?」ってときにさぁ~……ムリョ~のライスよりも、ジュ~シ~なハンバ~グとかをたべきるコトにシュ~チュ~しない?」

 そんな事を言う、イブキをまるで珍獣でも見るかのような視線で、


「ウチは食べきれなかった事なんてないし、わかんない」


「……そこなしなんだね」

 呆れ顔でそう返すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます