ご~るでんぽてと。

 いつものバス停にて――


「夏限定のヒンヤリ冷たいスィ~ツのハンバ~ガ~?」

 月夜が雑誌のスィ~ツ特集を抜粋した記事をグルメ系ニュ~スで読みながら、


「冷たいハンバ~ガ~っておいし~のかな? ハンバ~ガ~ってアツアツでジュ~シ~で、その熱さでチ~ズをトロトロに溶かして――あぁ……考えてたらハンバ~ガ~食べたくなってきちゃった……じゅるり」

 マ~ライオンになってる月夜の隣では、


「う~ん……マックでフライドポテトにみえるモノをト~コ~して、いっちばんイイものにキンでできたポテトがもらえるかぁ~……やってみよっかな~」

 イブキは記事を読み終わるとキョロキョロをポテトに見えそうな物を探し始める。


「う~ん……なかなかないなぁ~……ポテトにみえるモノかぁ~……」

 しばらく探してみたもののめぼしい物を見つけられなかったのかタメ息を吐きんがら、


「ね~ね~。月夜」


「ん~?」


「なんかない? ポテトにみえるもの? お~ごんのポテトもらえんだよ!」


「えぇ~! 食べられないポテトなんてウチいらない!!」

 キッパリとそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます