よが。

 いつものバス停にて――


「アイフォンでシャケをつる?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあったそんな記事に興味を惹かれ、開くと、


「こわれちゃってうごかなくなちゃったアイフォンをルア~にしてつりをしてみると、みごろ5キロのシャケをつりあげる! う~みゅ……これはテクノロジ~のニュ~スなのだろ~かぁ~?」

 記事の内容を読んだイブキがそんな事w呟きながら、首を傾げる。


「健康のためにヨガをやっている女性は男性ウケがいい?」

 月夜がオシャレ系ニュ~スの中にあったそんな記事を読みながら、


「オトコのヒトってウデがのびたり、ヒをふいたりするオナンナのヒトがスキなの?」

 呟きを聞きとめたイブキが小首を傾げたまま、口を挟んでくる。


「あれはヨガじゃないからっ!」

 イブキの言葉に全力でそう否定する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます