え~きゅ~かいいん。

 いつものバス停にて――


「おぉ! プッチンプリンにあたらし~アジがっ!!」

 イブキがイ~マのどあめの『クリ~ムソ~ダ』味を口に入れながら、スィ~ツ情報の中にあった、そんな記事に瞳を輝かせる!


「オショ~ガツにコンビニにうってた、ビックよりもさらにおっきなプッチンプリンもよっかたモンっ! イブキさんひとりでさんこもたべちゃったし、プリンならいっくらでもはいるよ」

 甘いアメを舐めながら、そんな事を言うイブキの隣では、


「ある大物ミ~ジィシャンがテレビで『マックの永久会員権』っ! 2100年までなに食べてもタダっ!! いいなぁ~、ウチもほし~なぁ~」

 月夜が記事を読みながら、心底うらやましそうな声を出す。


「ど~すればなれんだろ~? メニュ~を3巡――ううん5巡食べればもらえるかな~?」

 そんな事を言っている月夜に、


「こんなモン、月夜にあげたらニホンジュ~のマックがショ~メツしちゃうよっ!!」

 そう言い切るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます