がんばりのほうこうせ~

 いつものバス停にて――


「へぇ~……『そ~』からメロンソ~ダあじのアイスがでるんだぁ~」

 イブキが大好きなスィ~ツ情報を見ながら、


「あぁ~……アイスの『爽』ね。ノコギリみたいに言うんだもん! メロンソ~ダ味のノコギリってなに? っておもちゃったわよ。しかも『メロンソ~ダフロ~ト』味でビミョ~に違ってるし」


「ダイジョブ、ダイジョブ。だいたいあってれば、もんだいないって」

 そう言い切るイブキ。


「い~かげんねぇ~……」

 月夜が呆れ顔で言う。


「あっ! みてよ! サンドウィッチフェアに1~メトルのシェンガがでるんだって!」

 そういってスマホ画面を見せてくるイブキに、


「サンドイッチフェスにジェンガ? ちょっと見せて」


「ジェンガじゃないじゃないっ! 高さ1メ~トルのサンドウィッチじゃない――高さ1メ~トルっ!?」

 そう言いながら、ジェンガのように高々と積み上がったサンドウィッチの画像を見直す。


「一日3食限定かぁ~……じゅるり」


「そんなにたべらんないでしょ?」


「がんばる」


「そんなトコでがんばんないでっ!?」

 両手の拳を握り締めてそう宣言する月夜におもわずそう言ってしまったイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます