れんたる。

 いつものバス停にて――


「チョコかけちゃったスイカバ〜かぁ〜……スイカバ〜なつかし〜なぁ……ショ〜ガクセ〜のとき、よくたべたっけ……」

そう言いながら夏休みの時、スイカバ〜咥えたまま、ゴロンと仰向けに転がった姿を思い出す。


「へぇ〜……アマゾンがまた妙な事はじめたわね」

月夜が最新型の小型スマホをイジりながら、


「なにやるの? ボ〜さんびんがヒハンされてるから、ボクシびんにかえるとか?」

イブキは空から複数のドロ〜ンに吊り下げられ「あなたは神を信じますかぁ?」と言いながらやってくる牧師の姿を想像する。


「ごめん。アマゾンじゃなくてDMMだった。ヤギのレンタルだって」


「ヤギ? ヤギってグルグルツノで『メェ〜』ってなくアレ?」


「たぶんソレ」


「そんなのかりてど〜すんのかな〜?」


「それは勿論――じゅるり」


「た、たべるタメじゃないとおも〜うよ……レンタルだし……」

ヤギの首輪だけもどってくる光景を想像して、そんな事を言うイブキだった。


除草用に貸し出すヤギみたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます