そ~す。

 いつものバス停にて――


「パンの上にプリンを載せて焼くだけの簡単フレンチト~ストの作り方かぁ~……」

 月夜がニコニコ動画内にあった、そんな動画に興味を惹かれ再生してみる。


「カンコレはるのかんまつり? なんかパンのまつりみたい」

 イブキが首を傾げながら、イベント情報の書かれたスマホ画面を読んでいく。


「ふむふむ……はるのエンニチやシャテキもたのしめるかぁ~……やっぱし、ケ~ヒンはオサラかな?」

 イブキがそんな事を洩らす。


「えぇ!」

突然、月夜が驚きの声を上げる!


「えっ! なのなにど〜したの?」

月夜の声にビックリして辺りを見渡しながら、そんな事を言うイブキ。


「ビックマックのソ〜スが1000万円だって、ほら」

そういいながらスマホ画面を見せる。


「ふむふむ……ニュ〜シュこんなんなビックマックのソ〜スがひとびん。オ〜クションにシュッピンされシレツなあらそいのすえに1000マンエンでラクサツ――」


「やっぱし秘伝のソ〜スってそんぐらいすんのよっ!」


「……月夜」


「ん?」


「これ……チャリティ〜しゅっぴんってかいてあるから、ラクサツしたヒトもボキンとしてやったじゃないの」

 そう呟くイブキの声も食べ物至上主義の月夜の耳には届かなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます