ついんて〜る。

 いつものバス停にて――


「きの〜の2がつ2かは『ツインテ〜ルのひ』かぁ〜……」

チラチラっと月夜の方を伺いながらわざと聞こえるよう洩らす。


「なによ?」


「いや〜……月夜のつとめるイカガワシ〜おみせなら、こ〜いうイベントはウエイトレスさんみんなにツインテ〜ルにするみたいなコトやりそ〜だけど……」


「如何わしくないわよっ! まあ、やったケドさぁ……ツインテ〜ル」


「やっぱしやったんだっ⁉︎」


「そ〜いうの基本的に乗っかる方針なのよ」


「ふ〜ん……でも、かみみじかいコど〜すんの?」


「ウィッグよ! カ・ツ・ラ」


「そこまでやるんだ」


「みんなノリいいからね〜結構乗り気でやってたわよ」


「へぇ〜オトコのヒトもやるの?」


「男性スタッフはね怪獣の『ツインテール』の着ぐるみ。すっごく動き辛いって不評だったケド」


「そこはいらないとおもうな。イブキさん」

男性スタッフのがんばりを即座に否定するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます