うま。

 ある日――


「モグモグパクパクかぁ~……」

 喧噪の支配する教室の中で窓際の自分の席で頬杖をついたまま外を見ながらそんな事を呟くイブキ。


「なに言ってんの?」

 いつの間にかすぐ横に立っていた月夜が呆れた顔で言う。


「ん~?」


「いや……いきなし変な事呟くんだモン」


「あ~キョ~ソ~バのなまえだよ。さいきんウマをそだてるゲ~ムやっててキョ~ミホンイでキョ~ソ~バのなまえをしらべてみたらさぁ~」

 イブキがスマホ画面に馬の変な名前一覧を出しながら、


「はぁ? なんでそんな名前にしたのかね?」

月夜が小首を傾げ中空に『?』マ〜クを浮かべる。


「さぁ? 月夜みたいになんでもいっぱいたべるウマだったんじゃない?」

冗談ぎみにそう言うイブキに、


「そっか〜。イブキがもし馬だった『ヒンニュ〜インパクト』とか『ムネナシテイオ〜』とかになってるね」

と、手痛い反撃を喰らうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます