ち~ず。

 いつものバス停にて――


「おぉ~! う~ん……こ、これは久々の……うっ! お、おいしそ~!!」

 月夜がグルメ系ニュ~スを見ながら、興奮ぎみに呟く。


「『4種チ~ズのト~スト』かぁ~……今年はじまって初めて本気で食べてみたいってゆ~物きたなぁ~」

 そんな事を言いながら、続けてレビュ~を読み始める。


「温めると4種のチ~ズが溶け、トロトロで糸を引くような状態になり、さらにクセの少ない芳醇な風味でなめらかでクリ~ミ~な味わい! う〜ん……これはもう食べるきゃないネ‼︎」


「月夜」


「ん〜」


「うわっ! ばっちい‼︎」

マ〜ライオンのようになってる月夜から慌てて距離を取るイブキ。


「ご、ごめんごめん」


「そんなフ〜になるぐらいおいしそ〜なの?」

さすがに少し興味をもったイブキが、


「おいしそ〜だね! チ〜ズ好きにはとくに――」


「チ〜ズ、チ〜ズかぁ……イブキさんあのニオイがね……」


「うん。とりあえずチ〜ズに謝ろうか」


「えっ! なんで⁇」

月夜のチ〜ズ愛は半端じゃなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます