ちゅ〜かまんvsサンド。

 いつものバス停にて――


「いちごいちごいちごっご♪」

そんな妙な歌詞を口ずさみながらイブキはフル〜ツサンドを頬張る。


「うう〜ん♪ でりしゃす!」

鼻の頭にホイップクリ〜ムを付けながら幸せそうな表情になる。


「う〜ん……『ウルトラまん』に『バルタンまん』? おいし〜のかな?」

月夜はグルメ系ニュ〜スにのっていた新発売される中華マン情報を読みながら呟く。


「うわっ! なにそれっ⁉︎ たべものなのっ⁉︎」


「アンタもそのイチゴとクリ〜ムの塊は食べ物なのっ⁉︎」


「このキセツはイチゴでしょ! あまくておいし〜よっ‼︎」


「え〜! この季節はあったかくてホカホカの中華マンでしょ‼︎」


「そんなのホッカホカブ〜ストでごまかしてるだけじゃん!」


「その――ホッカホカブ〜スト? が人類の生み出した英知なのっ! マリ〜アントワネットも言ってたじゃじゃない「寒い時はあったかい物を食べればいいじゃい」ってさ」


「う〜ん……ビミョ〜にちがうきがする……」


「そだっけ? だいたいそんな感じの事言ってなかった?」


「そんなかんじのコトはいってキがするよ」

そんなフワフワした感じで決着する二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます