不如帰。

 いつものバス停にて――


「エアガンにソ〜チャクするだけでFPSのコントロ〜ラ〜になるかぁ〜……いいねコレ!」

イブキが瞳を輝かせながら、


「ふむふむソウルにあるカイシャかぁ〜……ソウルってドコだっけ? まあいいや……これをおと〜さんのコレクションにあるM16とかにつければ……」


「はぁ……も〜すぐ2月からかぁ〜……」

月夜が思い詰めたような重いため息をする。


「ん? どうしたの? トモダチからTakedown:RedSabreでもおくられてきたの?」


「なにそれ?」


「ときどきプレイヤーもハカイするコンピュ〜タ〜ウィルスみたいなモノだよ。きになるならアカサブレでしらべてみてね」


「赤サブレ?」


「そんなコトよりどしたの? タメイキなんてついて」


「ん〜……来月にバレンタインあるじゃない?」


「あるね」


「その日にさ〜アルバイトさきでお客さんにチョコ配る事になってて〜――」

物悲しそうに冬の空を見上げると、


「あげるなら たべてしまおう ホトトギス」


「……きっとだれもキョ〜カンできないいそのハイク、ホトトギスってナツだし……」

呆れ顔でそう呟くも月夜の耳には届かなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます