はんどろぼ。

 いつものバス停にて――


「ブタ角煮まんかぁ〜……」

月夜がコンビニの新商品を見ながら洩らす。


「もうちょっと寒いと食べがいあるかもしれないケド……なんか最近あったかいからなぁ〜……」

空気の澄んだ冬の空を見上げながら、


「ね〜ね〜」

言ってる内容はともかく深い哀しみの表情で呟いてる月夜にノ〜テンキな声が聞こえてきた。


「ニホンでまだコ〜ラのんだコトないヒトが1、6パ〜セントもいるんだって! おどろきだよねっ⁉︎」

イブキが両手をブンブカ振りながら興奮した様子で言ってくる。


「へぇ〜……」


「あのコ〜ラとポテチのゴ〜ルデンコンビをあじわったコトないなんて――」


「炭酸系なら割となんでも合うじゃない?」


「ゲ〜ムやりながらだとコントロ〜ラ〜にアブラがついちゃうのが……」


「そ〜いえば昔ポテチ掴みためだけのマジックハンドとかなかった?」


「あぁ! あったあった‼︎ でもつかいにくかったなぁ〜……ポテチをクチにはこぶためだけのロボとかできないかなぁ〜……」


「それは……すっごい技術の無駄使いね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます