いつものにちじょ~。

 いつものバス停にて――


「あちゃ~! サ~クルチケットをヤフオクにだしてたサ~クルが永久追放!? 以前からなにかと問題もあったし、規約違反だケド……ちょっと処罰が重い気もするなぁ~」

 月夜がなにかの記事を読みながらそんな事を呟く。


「ねぇ~……」

 イブキがだらしくバス停に寄りかかったまま、弱弱しい声で、


「ん~? どしたのイブキ」


「ナツヤスミなのにいちにちもやすみないし……」


「だから、それはアンタが悪いんだって」


「それにキョ~は11にちだよっ!」


「うん? それがど~したの?」


「なんか2チャンとかで、おおジシンくるってさわいでるからでないほ~がイイよ」


「よかったじゃない。学校なら耐震基準もバッチリだし、補習してて命まで助かる。ほら丁度よくバスもきたしいくよ」

 そういうとバス停にしがみつくイブキを力づくで引きはがし「よいしょ!」という掛け声とともに車内に放り投げる。

 運転手ももう慣れたのか何事もなかったように『プシュ~』という音とともに扉が閉まりゆっくりと発車した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます