てくのろじぃ。

 いつものバス停にて――


「おぉ! こ、これはスゴ……い……のかな?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スを見ながら、そんな――感嘆というかなんともビミョ~な感想を洩らす。


「ん?」

 某ピザ屋がLサイズの50パ~セントオフキャンペ~ンをやるというグルメ系ニュ~スを見ていた月夜はそんな声でイブキの呟きに反応する。


「あっ! 月夜、これみてよ」

 そういって差し出しやスマホ画面には――


「特殊素材で作られたジ~ンズで入力装置になる? へぇ~……なんかスゴいケド……」


「うん。いるのかな~って」


「確かにあんまり必要性を感じないね」


「そだね」

 と、小並感(小学生並みの感想)なコトをいう二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます