サマ〜

 いつものバス停にて――


「も〜すぐナツ〜!」

イブキが日に日に強くなりはじめた陽光の下で叫ぶ。


「夏イベ楽しみだね〜」

と、月夜も少し同意する。


「ことしはどんなナツのカイブツがくるかな〜」


「うん? 高校野球?」


「ううん。なつやすみにでるビッグなクソゲ〜はそうよばれてるんだよ」


「へ、へぇ〜。ウチもそろそろ夏物買ったりイベントで使うお金貯めなきゃ」


「おぉ! ショ〜ブみずぎだね‼︎」


「まだ、ちょっと水着は早いかな〜行く予定もないし……」


「イブキさんことしはシロのビキ二でいこ〜とおもってます!」


「どこへ⁉︎ ――って、またビキ二?」


「イブキさんのセクシ〜なミリョクでノ〜サツしちゃうんだから!」


「つるぺたズドーンなのに背伸びしてビキニ着た痛々しい姿で?」


「うっ! そ、それがイイってヒトもいるモン‼︎」


「それ以前に去年の水着って誰かに見せたの?」


「……みせて……ない」


「勝負水着の前にまず勝負の土俵に上がるトコからかぁ〜先はながそ〜だ」

気楽にそういう月夜に、


「……が、がむばる」

と、答えるのが精一杯のイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます