えれべ~た~

 いつものバス停にて――


「う~む……なるほど、なるほど……」

 イブキがスマホでなにかの記事を読みながら、感心したように呟く。


「ほ~ほ~。あのバメンになったらそ~すればイイのかぁ~」

 よほど熱心に記事を読んでいるとみえ、月夜も少なからず興味を覚えた。


「ね~ね~――」

 月夜が話しかけるタイミングを図っていると、イブキのほうから話しかけてきた。


「なになに? ど~したの?」


「えっとね~……」

 イブキは少し思案した後、


「エレベ~タ~がキュ~コ~カしたときにど~っやたらいきのこれるとおもう?」


「何読んでんのっ!?」

 月夜がイブキのスマホを取り上げ、内容を確認する。


「落下するエレベ~タ~の中で生き残る方法?」


「そだよ。 あっ! ジャンプしてもムダだかんね」


「ふ~ん……」

 その記事には手すりに体重を載せる、バッグやス~ツケ~スで衝撃を吸収する、膝を軽く曲げて衝撃を緩和する――といった事が真剣に書かれていた。


「――で、これが何になんの?」


「ん? ホラ~エ~ガじゃわりとよくあるシ~ンじゃん」


「ホラ~映画展開じたいそ~ないから……」


「いきのこるタメにヒツヨ~ナコトなんだよっ!」

 そう力説するイブキに、


「そっか……まっ、がんばってね」

 そう言うだけで精一杯の月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます