ごきげんよう。

 いつものバス停にて――


「ねぇ――」

 イブキが悩んでいるよ~な、困ったよ~ななんともビミョ~も表情のしたまま話しかけてきた。


「ん? どったの? おもしろい顔して」


「む~……おもしろいカオなんてしてないモン! あっ! そんなコトよりさ~さいきん『ごきげんよう』ってアイサツするヒトいるよね?」


「いや、いないケド……そんな人」


「い・る・の! イブキさんもまわりにはいるのっ!!」


「あ~……プリキュ――ある一部のアニメファンがそ~いう言動をする事があるってのは聞いた事がある……かも?」


「でしょ、でしょ! あれってど~いうイミなの?」


「さぁ? 挨拶的なモノなんじゃないの?」


「ふ~ん……そなんだ。月夜――」


「ん?」


「ごきげんよ~」


「なんかアンタが言うとイラっとくるわ!」


「う~ん……キャラをえらぶのかぁ~」


「まあ、どっちかってゆ~とお嬢様や上品系キャラがつかうもんだし」


「そっか、そっか。ん? もしかしてイブキさんってヒンがないの?」


「うん」


「ガ~ン!」

 そういって四つん這いになり分かり易く落ち込んだ。


「たぶん、そ~いうトコが品がないんじゃない」

 と、思ったけど口にしない優しい月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます