ぱ〜つ。

 いつものバス停にて――


「オトコのヒトはいろけムンムンでめがはなせないオンナのコのパ〜ツ⁉︎」

イブキがそんな如何わしい記事を発見する。


「ちょっと貸して」

そういって月夜はイブキのスマホを借り、件の記事に目を通す。


「まず物思いにふける横顔――」


「ん? こんなかんじ」

イブキは少し上を見つめる感じで顔を上げ、意識して哀しの表情をつくる。


「うん……今の表情に漫画の吹き出しみたいなモノつけて『ど〜しよオベント〜わすれちゃった』っていうセリフをいれると似合うかも」


「そーなの? まっ、かなしいかんじはいっしょだよね」


「うん……そうね……。次は『うぶ毛の生えた耳』? なにこれ、男性ってこんなん好きなの?」


「ふ〜ん……みみだしたほ〜がいいかな?」

イブキは短いながらも髪で隠れた耳を触りながら呟く。


「次は色の濃い唇」


「ん〜……どほどほ?」

イブキがキスを求めるようにリップクリ〜ムが塗られた淡い桜色の唇を突き出す。


「色は濃くないかな〜? 色気というより可愛いらしい」


「う〜ん……そっか」

イブキは小首を傾げ不思議そうな表情をしたまま言った。


「形の良い胸」


「イブキさんちっさいけどカタチはいいよ!」


「ふ〜ん……じゃ、次は――」

月夜は少しイブキの胸を見つめた後、さきを続ける。


「次は――健康的なお尻」


「どうどう?」

イブキは短めのスカ〜トに包まれたお尻を突き出し、


「……いいんじゃない」


「――で、月夜からみてイブキさんどう? セクシ〜? いろけムンムン?」


「う〜ん……7点ぐらい」


「やった10てんちゅ〜7!」

ガッツポ〜ズで喜ぶイブキに、


「いや1000点満点中」


「……」

月夜の言葉に固まるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます