きょ~は――

 いつものバス停にて――


「ふんふんふんふんふ~ん♪」

 イブキがいつになく上機嫌でスマホの自撮り機能を利用し、前髪をきにしたり、手グシで全体的に整えたりをしている――そういえば服装も今日はどことなく気合の入った物になっている。


 黒を基調としたノ~スリ~ブで胸元もV字に開いたセクシ~系なもの、ショ~トパンから伸びる脚をおしげもなく晒し、シンプルな厚底サンダルを履いている。


「なんか上機嫌じゃない。なんかあったの?」

 と、月夜がイブキに問う。


「ん? きょ~はバレンタインにならんできたいできるひでしょ?」


「へ?」


「月夜しんないの? きょ~はコクハクのひなんだよ!」


「そんな日あんのっ!?」


「あるんだよ。きっときょ~イブキさんのオ~ジさまが――!」

 言いながら握り拳を作る。


「はいはい――いい日になるといいわね~」

 そう言いながら月夜は今日の休日を満喫するためのお勧めスィ~ツ店をどういう順に回るか思案し始める。


 ちなみにこの日イブキが男性と話したのは、


「よ、ヨ~グルトフラペチ~ノひとつ」

 の一言だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます