ぷれぜんと。

 いつものバス停にて――


「すんすんすん――」

 月夜が形の良い鼻で何かを嗅ぎ取る。


「ねぇ、なんか良い匂いしない?」


「むぅ…………ホント月夜はくいしんぼ~だな」

 そういってイブキは学生カバンの中から紙袋を取り出す。


「なにそれ? なんか甘い匂いするけど……」


「クッキ~つくったんだ」


「へぇ~……じゅるり……でもなんで?」


「んとね……オトコの人がいちばんイイとおもうプレゼントってね~てづくりのクッキ~とかカンタンにつまめるたべものがいいんだってさ~」


「ふ~ん……ポリポリ」

 と、いつも間にか紙袋の中から一枚失敬したクッキ~を食む月夜。


「あ~! もうかってにたべないでしょ!!」


「いいでしょ。ど~せあげる相手もいないんだし」


「いるもん! このニオイにさそわれてイブキさんもウンメ~のオ~ジさまがやってくるんだもん!!」


「まあ、がんばんなさい」


 結局、イブキの運命の王子は現れず下校時には月夜がクッキ~を食べてました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます