あたりはずれ。

 いつものバス停にて――


「あれ? これってど~いう意味だっけ?………………そうだ! 昨日のアプリで……」

 月夜がなにかを思い出して読んでいた記事を中断保留して、一度ホ~ム画面に戻るとそこから別アプリを軌道させる。


 しかし――


「あれ? おっかしいな……こんなハズじゃ……」

 すぐに険しい表情になると、思い通りにならないアプリに苛立ちを顕わにする。


「どったの? 月夜」

 その様子にイブキが声をかける。


「えっ! うん……昨日さ、辞書アプリを買ったんだけど……なんか使いにくくってさ、レジュ~や感想なんかもいっぱいあったし、ダウンロ~ドランキングも上位のやつだったのに……」


「あ~……それはヤちゃったけ~だね」


「うんん? イブキはそ~いう経験ないの?」


「うん。いくつかのポイントをみればジライかど~かわかるよ」


「そうなの?」


「うん。たとえばね……タンキカンでランキングじょ~いになったやつはヤバイかもしんない」


「そ、そうなんだ」


「あとレビュ~いっぱいでも「イイ」とか「つかいやすい」みたいにみじかめのレビュ~はあんまアテになんないかな~」


「うっ……確かにそんなんばっかだったかも……」


「いいアプリはじょじょにくんだよ『ねこあつめ』みたいないいやつはね」


「へぇ~――辞書アプリじゃないしっ!」


「こ~いうのはダイタイどれもおんなじだよ」

 そういって得意気に微笑むイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます