月夜にき~てみた。

 いつものバス停にて――


「ねぇ――」

 イブキがスマホでなにかの記事を熱心に読んだ後、口を開いた。


「ん~?」

 月夜がミスドの一口ド~ナッツ販売の話題を読みながら「違う! そうじゃない!! むしろ一口でなくならない百口ド~ナッツがイイ」と呟き、再販されたレモンジ~ナを飲み「う~ん……土」と感想を洩らしたトコロに話しを振られた。


「月夜はさ~……」

 イブキがスマホを見ながら口だけ動かして問いかける。


「月夜はさ、どんなときにおとこのヒトにおとこらしいってかんじる?」


「へ? う〜ん……そんな事考えた事なかったから……ちょっと待ってね」

そういうと月夜は思案顔になり、


「定番だけど、重い物をさりげなく持ってくれたりとか?」


「あ〜なるほど……」


「あとはご飯をモリモリ食べる姿」


「う〜……」


「どうした?」


「いや、月夜にもてないモノをもてるヒトとか、このホシになんにんいるかな〜って」


「さ、さすがに……ち、ちょっとはいるわよ」

と、自信なさげに言い放つ月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます