どこでも。

 いつものバス停にて――


「おぉ!」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スを読みながら、そんな声を上げる。


「月夜! 月夜!!」

 イブキがテンションを最高まで上げながら月夜にスマホを見せる。


「にほんのカイシャがどこでもドアつくったんだって!」

 と、にわかに信じがたい事を言うイブキに、


「いや、フツ~にムリでしょ!」

 と、冷静に突っ込みをいれつつイブキの差し出すスマホを受け取って、記事を詳細に読み進める。


「ほら、列車のドアって書いてあるじゃん」


「えっ! そなの?」


「うん。まあ、わざと誤解を招くような見出しの記事だったし、感想コメにも『釣られた』って書いてる人多いから」


「イブキさんをつるなんて……あっ! でもこれはイブキさんがジュンスイってコトじゃない?」


「自分で言ってる時点でアレだし、イブキの場合はただのアホって気がするかも」


「ぬう」

 月夜の言葉に全く言い返せないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます