びょ〜じゃく。

 いつものバス停にて――


「……うっ!」

イブキが短い呻き声を残してフラフラとあぶなげに揺れる。


「――ちょ! 大丈夫イブキ‼︎」

心配し慌てて駆け寄る月夜に――


「いまのどう?」

とても体調の悪そうに見えない『にっぱ!』として笑顔を見せるイブキ。


「いまね〜ビョ〜ジャクじょしがモテるんだって!」

そういってイブキはいつもの如何わしいニュ〜スを扱ってるサイトが映ったスマホを見せる。


「キャバジョ〜のテクニックでタイチョ〜わるそ〜にしてると、いつもよりモテるんだって」

黄門様の印籠のようにスマホを掲げ力説するイブキ。


「ビョ〜ジャクキャラでイブキさんもモテモテに――」

そう胸を張るイブキに月夜はそっと近づくと――


ごつん!

硬い音とともにイブキの脳天にゲンコツを落とす。


「もぉ――本っ気で心配したウチがバカだったわ!」

そういってプイっ顔を背ける。


結局、その日は一日中塩対応されてしまうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます