めしてろ。

 いつものバス停にて――


「ふ~ん……これが2015年春モノなんだ~」

 月夜が自分のスマホでオシャレ系ニュ~スを見ている。


「ガウチョパンツかぁ~」

 月夜がヒザ下丈まであり、裾がフレアスカ~トのようにフンワリと広がったズボンのようなスカ~トなような中途半端な物に興味を示していると、


「にゅ~……おなかすいた~……」

 隣でイブキがそんな声とともにお腹から『きゅ~』と可愛らしい音がする。


「? 朝たべてないのイブキ」


「うん……きょ~はいそがしくってさ、たべられなかったんだよね~」

 そういってイブキはお腹を押さえる。


「それで、ゲ~ムニュ~スよんでたら、『ゲ~ムでてくるモノでユ~ザ~たべてみたいリョ~リ』ってキジよんでたら……」


「なにそのメシテロ的な記事っ!?」


「それでも、ついついよんじゃったんだよね……」

 そういってフラフラとあぶなげな足取りになる。


「しょ~がないな~」

 月夜はそういうとカバンの中からカロリ~メイトを取りだすと、


「ウチがこれ食べるから、自分が食べてるように想像するんだよ」

 そういって月夜が目の前でサクサク食べのを、


「オニ!」

 目の幅の涙を流しながら見てるだけのイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます